スタッフブログ

発熱外来を知っていますか?

コロナウイルスがまた増えていますね・・

 

発熱外来を知っていますか?

 

少しの発熱でも普通に外来受診はできません。

 

結果はコロナではありませんでしたが、大切な情報なのでシェアしますね

 

 

私の子供は見た目は健常者でも内臓に難病を抱えている為、少しの判断も素人判断はできず、都内とさいたま市の大きな病院で連携し緊急時には対応して頂いています。

 

先月、発熱をし診て頂いたときに感じたもの

 

 

コロナの怖さと対策の未熟さ

 

 

熱があり難病でも緊急を要する状況でも予約が必須

 

朝一に主治医がいても

その日の予約時間は一定時間のみ。(病院によって違いあり)

 

予約時間過ぎると、予約を次の日にされてしまう

 

予約日の朝一に行っても、発熱外来の中には入れない

 

 

熱がある=コロナ

 

勝手に思い込むことで、発熱外来に受診するという事の恐怖感

ここにいる人がコロナ感染者ではないかと思いこむこと

 

発熱外来の待機していることが恐怖でしかない事

 

 

紙のみ渡されて待つ

ひたすら待ちPCR検査を行います

 

 

 

PCR検査が陰性なら外来受診

 

それまでの恐怖は、計り知れない

 

 

 

 

 

何事もなったように、一般の受診で血液検査ができました

 

 

 

難病=コロナ感染は死を意味する可能性が誰よりも強い

 

 

結果は陰性でした

 

病気もあるため

 

インフルエンザ

肺のレントゲン

夏風邪ウイルス検査

血液検査

尿検査

全て異常ありませんでした。

 

 

 

 

発熱外来に行くまでの時間

 

コロナだったらと思う事で

コロナ感染の対応が分かっていても

不安が付きまとうこと

 

 

 

どうやって隔離するのか

使い捨ての食器の必要性

着替えは自分でビニール袋に入れて縛る

花粉症もありティッシュは都度ビニール袋へ入れて縛る

食事の時の受け渡し方

トイレに行くときの隔離の仕方

消毒

換気

様子を見るために部屋に入る際の対応

階段、スイッチ、廊下、手すりは毎回消毒

 

 

気がおかしくなるほど行動しても正しい答えがわからないこと

 

 そして本人には感染したという恐怖と

今までにない緊張感

感染かもしれない事で親の対応が尋常ではないと

精神的にも苦しい事

 

 

そして

 

 

 

発熱時に解熱剤を飲ませるにも、ネットは禁止と書いてある

主治医はカロナールならOK

 

 

 

結果は陰性でしたが

 

 

いつどこでかかるかわからないコロナウイルス

 

 

軽視してはいけないことだと実感しました

 

 

 

ワクチンを打っても絶対感染しないわけではない事

 

 

コロナ感染対策は個々に見直しが必要なこと

 

 

 

皆様が、万全に健康でいる事だけが、何よりも大切ですね

 

 

 どんなに対策をしていても万全はない

 

 

 

大切な人、家族のためにも、もう一度、気を引き締めましょう!!