コンテンツ

1月24日の誕生石 サンストーン

英名 Sunstone

 

和名 日長石

 

流通名 サンストーン

石言葉 あらゆる勝利に導く

◆精神面・肉体面の働き
キラキラ輝く太陽のエネルギーをもって、あなたの未来を照らします。
その輝きは、あなたの未来はあなた次第で、
さらに、光をもって輝くことを示しあなたののぞむあらゆる勝利が導かれることを意味します。

◆歴史・知識

サンストーンは大変大きなグループであるフェルドスパー(長石)グループに属する鉱物で、
オリゴクレース(灰曹長石)に分類されるものを指します。サンストーンは鉱物名ではなく、
同じフェルドスパーに属するムーンストーン(月長石)の対として内側から強く光り輝く色合いが太陽を感じさせるために名付けられました。
三斜晶系に属しますが通常は塊状で産出し、半透明で強いガラス光沢を持ちます。
本来は無色の長石ですが、インクルージョンによって黄色や紅色、赤色、褐色など、さまざまな色合いをみせます。
内包物は、鉄分(レピドクロサイト)や、自然銅のもの(オレゴンサンストーン)があります。
インクルージョンされた鉱物がきらきらと輝くアベンチュレッセンスを持つため、
「アベンチュリン・フェルドスパー」とも呼ばれています。
また、光輝ある銅色を示すことから、ヘリオライト(Heliolite)「太陽石」とも称されていました。

古代ギリシャでは、名前があらわす通り、「太陽の神の象徴」として崇めていました。
人々は、お守り石として身につけたり、毒を中和させる目的で杯や皿などの食器代わりにして使用してきたりしたそうです。
また、古代のカナダやインド民族の間でも、儀式を行う際の道具としてよく用いられていたようです。
内面から輝きを放つその明るいオレンジ色は、隠れた力を引き出して心身に受けた傷を癒すと言われ、
豊かな創造力を与えて持ち主をあらゆる行動の勝利者となるように導くとされていました。
古くはリウマチの治療にも用いられたそうで、そのほかにも脊柱の不全を改善するために使用していたとも伝えられています。

クラスターセージ水晶さざれクリスタルチューナー太陽光月光

◆主な産地

タンザニア・アフリカ

◆鉱物学的データ

化学式 (Na,Ca)Al(Al,Si,)Si2O8
結晶 -
劈開 3方向に完全
モース硬度 6.0~6.5
比重 2.62~2.67
分子量 -
金属元素重量分率 -

【365日石に戻る】

【1月】【2月】【3月】【4月】【5月】【6月】【7月】【8月】【9月】【10月】【11月】【12月】